管理者によっての宗教に関する問題

霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。 寺院墓地は、一般的に檀家になることが基本となっていますので、その寺院の宗教の信徒であることが条件となります。
最近においての寺院墓地には他宗派の信徒も受け入れるところもありますが、一般的には仏教だけというところが多くなっています。どんなに気に入った霊園や墓地があったとしましても、宗教や宗派が異なっていますと受け入れないこともあります。
公営霊園の場合におきましては、宗教や宗派の制限がほとんど無く宗教を問われることはありません。

 

民営霊園は、宗教・宗派不問で運営をしているケースが多くなっています。
ただし事業主体が宗教法人の場合におきましては、仏教以外の人は受け入れてもらえない時がありますので注意が必要です。



管理者によっての宗教に関する問題ブログ:21-11-26

ダイエットについていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

ダイエットの停滞期というのは、
頑張ってトレーニングしたり食べる事制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

ダイエットの停滞期は、
人間の肉体に本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
肉体を守るために食べる事量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

肉体がエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できる肉体にしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

このダイエットの停滞期は、
個人差はありますが約1ヶ月程度あると言われています。
ダイエットを成功させるためには、
この1ヶ月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
ダイエットの停滞期が訪れるといわれています。

停滞期が1ヶ月ほど続くと
肉体の危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
ダイエットを継続することが大切です。

停滞期にダイエットを中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

ダイエット開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくい肉体になってしまうので、
停滞期中でもダイエットを続けることが大事なんです!